『「好き嫌い」と経営』は面白い。

第3回ハマドク(横浜のビジネス書読書会)で取り上げる『「好き嫌い」と経営』をすきま時間で読んでいますが、非常に面白いです。(写真の方が、インタビューを行っている楠木建先生です。一橋大学大学院にて戦略について教鞭を取っています。)

 

ビジネス書で「面白い」というと、何か新しい知識を得て、タメになったという感覚だと思いますが、この本は、マンガ本を読んで楽しめた感覚に近いです。

 

日本を代表する14名の社長と、戦略を研究している、大学院の教授との対談ですが、結構本音めいたトークが出てきて、面白いです。今回登場する社長の話では、「株主総会のマイクは、誰にも渡さない」など、個性豊かな下世話な話も出てきています。

 

「どれだけ個性が強いか」が分かるように、目次を抜粋したいと思います。


・永守 重信 日本電産社長  「何でも一番」が好き

 

・柳井 正 ファーストリテイリング社長  「デカい商売」が好き

 

・原田 泳幸 日本マクドマルドホールディングス会長(当時)  「雷と大雨とクライシス」が好き

 

・新浪 剛史 ローソン会長(当時) 「嫌われるやつに嫌われる」が好き 

 

・佐山 展生 インテグラルパートナー 「偉そうにする」のが嫌い

 

・松本 大 マネックス証券社長  「小トルク・高回転」が好き

 

・藤田 晋 サイバーエージェント社長 「今に見てろよ!」が好き

 

・重松 理 ユナイテッドアローズ名誉会長 「一番好きなことを最初にやる」のが好き

 

・出口 治明 ライフネット生命保険会長 「活字と歴史」が好き

 

・石黒 不二代 ネットイヤーグループ社長 「理系のギーク」が好き

 

・江幡 哲也 オールアバウト社長 「図面を引く」のが好き

 

などです。

 

商品が好きな社長もいれば、商品が好きというより事業・経営が好き、

商品は好きだけど、自分の好きなものは売れないと悟っている社長など、

多種多彩です。

 

同じ服を扱っているのに、ユニクロとユナイテッドアローズは、商品構成、経営発想、戦略、店舗の雰囲気のどれを取っても違います。

その違いが面白かったりします。

 

「社長って、仕事、仕事であまり自由がない」と言われる反面、14人の社長の対談を読むと、別の意味で「社長って、自由だ」と思えます。

戦略ファームが考えるような「フレームワーク」を使わずに、現場の状況を把握して、経営判断をされる方が多いという印象を受けました。


「経営」って「生き物」なので、定石といったものではないからかもしれないです。